お風呂の給湯器が壊れたら水道工事専門家へ相談を

ついさっきまで普通に使えたのに、急に給湯器が使えなくなったのはなぜかと慌ててしまいます。給湯器 交換が必要な水道工事になりますが、それは本当に給湯器の故障とは限りません。慌てて専門業者へ連絡する前に、自分でできる簡単チェックをしてみましょう。

■給湯器から水が出ないトラブル

給湯器の故障を疑う前に確認しておきたいものがあります。まずは断水です。道路工事などによって断水してる場合があります。断水に関する情報はご近所さんへ確認することができます。そのほか、寒い地域の場合は凍結によって水がでないことも考えられます。給湯器が屋外設置タイプの場合は凍結によって水が出ない可能性も捨てきれません。さらに止水栓が閉まったままという状況もあります。凍結防止のために止水栓をしめたのをうっかり忘れていたというケースもあります。

■給湯器の故障で動かなくなった

お風呂にお湯を張ろうとしたらパネルにエラーが表示されていた時、何が表示されているかによって故障となっている原因を突き止めることができます。まずは一度電源を落として入れなおしてみてください。ここでリセットされたことで表示が元に戻っていつも通り使えるようになることもあります。
一般的に給湯器は寿命が10年と言われていますので、設置してから10年近く経っている場合は故障の可能性が高くなっていることを知っておくことも大事です。すでにそのぐらい経っているというご家庭では給湯器のエラーがでたときはそろそろ寿命が来たと捉えても問題ありません。

■まとめ
お風呂の給湯器も、キッチンの給湯器も使え無くなれば生活が不便になります。給湯器 交換は専門の知識だけでなく、専門的な技術がなければ水道工事はできないので、もしも給湯器の故障が考えられる場合は信頼できる修理屋さんに連絡を入れて状況を見てもらいましょう。このとき、修理になるのか交換になるのか相談するといいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ