給湯器の水漏れは水道工事が必要か

スイッチを押せば温かいお湯がでてくる給湯器は、簡単に使えるからこそ、その存在のありがたみをうっかり忘れがちになります。急に水漏れなどのトラブルが起きて水道工事が必要となれば、直るまでの間は使えなくなり不便を強いられます。一体何が原因で壊れてしまうのでしょうか。

■考えられる原因はいくつかある

例えば給湯器そのものが古くなっていることです。今の給湯器を購入してからどのぐらいの月日が経っているのでしょうか。使い方にもよりますが、毎日使い続けていると8年から10年ぐらいで寿命を迎えるとケースが多いです。特に給湯器の内部には水を温めてお湯を出すための部品がたくさんあるので、それらの部品が古くなって壊れてしまうと給湯器の水漏れに繋がります。ゴムパッキンは古くなりやすい部品のひとつです。

■長い間使っていないと水漏れすることがある

家族みんなで水入らずの旅行にでかけて何日も家を空けたとか、出張で家を長い間留守にしていたなど、しばらく給湯器を使っていないと給湯器の中の水圧が高くなってしまうことがあります。この状態を解消するためにはいったん水抜きをして水を出して、内部の圧を下げてください。そのあと通常通りお湯が出れば問題なく使えます。
また、冬になると極端に気温が下がる地域では、長期間使わないでいると内部の水が凍って膨張したことで内部が壊れてしまった可能性があります。部品の故障は素人には直せません。うっかり壊してしまわないように氷止めを忘れないようにしてください。

■まとめ
一時的に水抜き栓から水漏れが起きている場合は、水道工事が必要になるほどの修理は必要ありません。水抜きの方法を知らないと故障の原因に繋がることもあるので、水が凍って膨張しないため、内部の圧が高くならないために水抜きの使い方をぜひ覚えておいてください。給湯器のトラブルを未然に防ぐために大事なことです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ